2012年05月11日

朝日のようにさわやかに

って、ジャズのタイトルだったっけ…?
朝、外がとてもさわやか。
思えば高校まではこういう時間に家を出るのが当たり前だったんだよね。
休みの日とか、午後から用事の日は大体10:00くらい(ひどい時は13:00くらい)まで寝倒しちゃうもんな。

朝日を浴びると体がシャキッとするのは確かだ。

今日はファミレスバイトが長丁場。頑張るしかない。
職場が異動になってはや3ヶ月。
人はみんないい人でよい職場なのです。
だけど、どうにもいつまでたっても監禁されている感覚がしてしまうのは、環境のせいだと思うんだ。
@iPhoneの電波が入らないので、外界と断絶。一日バイトの日はほぼまる一日圏外だよ。
A休憩室が狭い。とにかく狭い。人がギリギリすれ違えるくらいの広さ。壁に向かって椅子に座って休憩だよ。
B窓が無い。ビルの奥だし、半分地下のフロアにあるから窓が無いんだ。外がどうなってるのかとか、時間の感覚を奪われる。


日の光を浴びて仕事したいです…。
posted by 印田彩希子 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。