2012年08月05日

光陰矢の如し

IMG_6134.jpg小屋入りして、
あっと言う間の楽日だし。
17:00には千秋楽公演が開演する。

今はまだ、本番を待つ、空っぽの舞台。

でも、外の風景も舞台のひとつで。
外では人が通ったり、陽がさしたりかげったり。
時間が流れ続けていく。

そういう流れも、舞台のひとつ。
本番中じゃなくても、舞台は止まっていない。

それぞれの役が、どんなに時を止めようとしても、流れ続けてしまう舞台。

そんな事を思いました。
間もなく千秋楽の公演です。
posted by 印田彩希子 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。